ヨガ

便秘薬のあれこれ

便秘が続くような時は、便秘薬を使用してみると言った方法もあります。
ドラッグストアなどに足を運べば、種類も多くあり、手頃な価格で購入することも可能です。
しかし、便秘するたびにすぐに薬を使って解消しようとすると、思いがけない危険もあります。
どんな薬でも同じなのですが、注意したいことが薬の副作用のことです。

何より怖いのが便秘薬が習慣になってしまい、それが無くては排便ができなくなってしまうことです。
もちろん、本当に必要な時に使用するのは問題無いのですが、すぐに薬に頼ってトイレに駆け込むような生活はお勧めすることができません。
また、便秘薬には種類が様々あるのですが、それによっては注意したい副作用もあります。

大黄やセンナが含まれているアントラキノン系便秘薬は、中でも習慣になりやすい薬かもしれません。
長く使い続けているうちに、どんどん強めのものを必要としてきます。
それに、子宮を収縮させるので、妊娠している方は避けなければなりません。
授乳中の方も使わないようにしましょう。
ジフェニルメタン系のお薬は、新しいタイプのお薬です。
自然な排便に近いお通じを期待できるもので人気もあるのですが、胃腸に何か問題がある方が使用した場合、稀に虚血性大腸炎や腸閉塞を発症することもあります。
腸管が細い方が膨張性の下剤を使用した場合、腸閉塞になる危険もありますので、やはり注意しなければなりません。
マグネシウム系のお薬も、心臓病を抱えている方や腎臓に問題がある方は、危険がありますので使用してはいけません。

気になる方は、使用する前に医師に相談した方が安心です。
また、もし使用している時に気になる症状が出たら、すぐに医療機関で診てもらうようにしましょう。
薬を使用する前に、食べ物を気を付けたり、便秘に良いとされている食材を試してみることも忘れないでください。
睡眠をしっかりとってみて、様子を見てみるのも良いでしょう。
マッサージもお勧めです。


このページの先頭へ